社会の流れは、複雑そうに見えて、実は大きな潮流で動かされている。「政府は必ず嘘をつく」(堤未果著・角川SSC新書)は、その流れをとらえた好著だ。

ログインして全文を読む