現在、被災地では、もともと手薄だった医療の綱渡りの状況が続いている。発災直後の急性期対応から、亜急性期、慢性期へと医療ニーズが変化するにつれ、ますます「人の手」が求められるようになるのだが、なかなか調整がつかない。

ログインして全文を読む