福島第一原発から半径20〜30キロの「屋内退避(自主避難要請)区域」の南相馬市の、医療が危機的状況にある。入院患者の受け入れができず、地域の医療が機能不全に陥っているのだ。南相馬市は、地震による津波で1500人以上の方々が行方不明になった。

ログインして全文を読む