農村医療の現場から眺めていると、菅直人首相が言う、幕末、戦後に続く「第三の開国」を目指したTPP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)への参加は暴挙と映る。

ログインして全文を読む