日本の過疎地や途上国へ医療実習に行く医学生が、少しずつ増えてきた。多くの場合は、環境の違いに戸惑いながらも、それなりに見聞を広め、医療が「生活を支える一部分」であることを知って日常へと戻っていく。

ログインして全文を読む