地域に密着した医療現場にいると、コミュニティーでの支え合いが生命のありようを左右することをしばしば実感する。例えば、同僚の長(ちょう)純一医師は、「大都市よりも人間関係が濃密な山間部の方が認知症が進みにくい、そんな印象がある」と指摘している。

ログインして全文を読む