今年の2月に行われた看護師国家試験で、EPA(経済連携協定)の枠で来日し、国内の医療機関で研修を受けていた看護師候補生のうち3人(インドネシア人2人、フィリピン人1人)が合格した。漢字文化圏以外の国で生まれ育った人が日本の看護師国家試験をパスしたことは「すごい」と思う。

ログインして全文を読む