映画『ブルーゴールド 狙われた水の真実』が公開された。21世紀を迎え、水資源の枯渇が相当深刻な、人類の生存がかかった大問題になりつつある。「かけがえのない水がお金のあるところにばかり流れたら?」このような喉の乾きももちろんだが、飢えも怖い。「食べ物の恨みは恐ろしい」。

ログインして全文を読む