世界の地域医療に革命をもたらした『医者のいないところで(Where There Is No Doctor)』の著者デビッド・ワーナー氏が来日し、10月25日に東京都新宿区の国立国際医療センターで行われるシンポジウムで講演する。21世紀のケアリング・コミュニティ(すべての人の健康実現のために支えあう地域)を世界に根づかせる活動の一環だ。

ログインして全文を読む