医師不足、医療崩壊を食い止める一策として、北米型の「メディカルスクール」に関心が集まっている。四病院団体協議会は、四年制大学卒業者(学士)を対象に 医学教育を提供するメディカルスクール創設の提言をまとめた。その報告書によれば、メディカルスクールは、学士の中から「よき臨床医になりたいという強い意欲」と「一定レベル以上の学力」のある人を選抜して4年間の医学教育を行う医師養成機関と位置づけられている。

ログインして全文を読む