佐久総合病院の同僚、長純一医師(国保川上村診療所長)は、地方の医療現場を最もよく知るドクターの一人だ。長医師は、昨今の地方の医師不足が「新臨床研修制度で都市の研修指定病院に研修医が集中し、地方の大学医局に残らなくなったため」という一般的に流布している解釈に対し、「本当に研修制度の問題なのか?」と疑問を呈している。

ログインして全文を読む