時の流れには、必ず転換点がある。昨今の医療過誤への司法の厳しい対応は、医療側のパターナリズムに対する世間の憤りを反映している。「白い巨塔」への「法の支配」からの揺さぶりであって、真摯に受け止めねばなるまい。

ログインして全文を読む