最近、あちこちで「限界集落」という言葉を耳にする。65歳以上の高齢者の割合が5割を超え、共同体の運営が困難になった集落を指す。子どもの声は聞こえず、独居の高齢者が集まった村といったイメージだ。わが南相木村も、その予備軍である。

ログインして全文を読む