医師数200人を超える佐久総合病院(長野県佐久市、夏川周介院長)で、救急部門を支えているのは80人ほどの研修医たちだ。若い彼らがクタクタになるまで踏ん張って、何とか、救急医療が維持されている。佐久総合病院でも、特に後期研修医たちの役割がいよいよ重要になっているのだが、病院と研修医間の意識のズレがあるのも事実だ。

ログインして全文を読む