去年の後半以降、臨床研究の手続きに関して話題になったのが、個人情報保護法の改正と、それに伴う様々な研究指針の改訂でした。5月30日に全面施行される改正個人情報保護法により、患者情報などの取り扱いの規定が変更されたことを受け、人を対象とする医学系研究やヒトゲノム・遺伝子解析研究、遺伝子治療などに関する指針が相次ぎ改訂されています。

法改正、倫理指針改訂の対応迫られる臨床研究の画像

ログインして全文を読む