2016年4月の診療報酬改定によって、看護配置7対1の病棟を有する「急性期病院」は多大な影響を受けました。7対1病棟をどこまで維持するかの決断を迫られ、実際に病床転換に踏み切るケースも増えています。私が前に勤務していた病院での病床転換の経験も踏まえ、特に「地域包括ケア病棟」への転換のポイントなどを2回にわたりご紹介しようと思います。

風雲急を告げる急性期病院の病床再編の画像

ログインして全文を読む