今年の春の診療報酬改定は、いわゆる急性期病院に決断を求めるものでした。看護配置7対1の一般病棟を維持するか、あるいは10対1の看護体制などにするかです。

2016年改定で病床再編を迫られた急性期病院の選択の画像

ログインして全文を読む