回復期リハビリテーション病棟は、濃厚な急性期医療を中心とした病床ではなく、脳卒中や大腿骨、骨盤、脊髄、股関節または膝関節などの骨折の発症、手術後のリハビリに特化して在宅復帰を目指す病床として、2000年に制度化されました。

アウトカム評価拡大で「回復期バブル」が終焉?の画像

ログインして全文を読む