昨年の師走に行われた第47回衆議院議員総選挙での政権与党の圧倒的な勝利は、安倍政権による景気浮上策を支持する層が多いことを改めて示しました。また与党側は、消費税率の10%への引き上げの延期が支持されたとの見方を示しています。

ログインして全文を読む