今回の診療報酬改定では、急性期医療機関のふるい落としに向けた点数設定や、在宅医療の厳しい報酬引き下げが大いに注目されました。

ログインして全文を読む