厚生労働省によって2年ごとに診療報酬改定が行われ、多くの医療機関はその都度対応を迫られることになります。診療報酬の改定には、国側が求める形に医療機関を誘導する狙いもあり、医療現場から見てマイナスの影響が生じることも少なくありません。今回の改定では、救急医療をはじめとする急性期医療の提供体制に大きな影響が出ることが予想されます。

ログインして全文を読む