さて前回に続き、Kyoto Heart Studyの論文撤回問題に関連して、わが国の臨床研究のあり方について考察していきます。今回の件を含め、日本の臨床研究が抱える問題の根本には「利益相反」があると私は考えています。

ログインして全文を読む