先月、KYOTO HEART STUDYに関する論文の撤回を発端として、京都府立医大の教授が職を辞されました。

ログインして全文を読む