前回も書いたように、2025年以降、後期高齢者が増える中では、濃厚な治療よりも、むしろ介護や看取りが求められるようになります。地方では今後、急激な人口減少により病院が統廃合されて医療のスリム化を余儀なくされ、今より必要とされる医師数が大幅に増える可能性は低いとも考えられます。ただし都市部の周辺部は逆に高齢人口が増えるので、医療需要が増えるのは部分的に事実ですが、日本の医療需要のピークアウトが近づいているのは確かです。

ログインして全文を読む