最近、地方の医師不足解消策として導入された医学部の「地域枠」が人気がないそうです。地方大学で行われている医師不足解消策としては、入学定員の一部を地域枠として設定するもののほか、5年生や6年生に卒業後に地域に残ることを条件に奨学金を支給するものなどがあるようですが、いずれも自治体が希望するほどの応募者がない状況だといいます。

ログインして全文を読む