近付きつつある衆議院選挙の争点は原子力発電所への対応や消費税への対応、成長戦略などになりそうです。もちろんそれぞれ大切なテーマですが、社会保障についてはどの政党もあまり切り込めていないように思います。年金しかり医療しかり。もちろん、生活保護制度のように芸能人の不正などをきっかけにメスが入った分野もありますが、年金と医療の総枠の話としては、日本維新の会が「軽傷患者の自己負担増」をうたっている程度。現時点では、現行の制度を大幅に見直すような話は出ていません。

ログインして全文を読む