医療事故調査委員会の設立を巡っては、厚生労働省や日本医師会、患者団体などからさまざまな意見が出されてきました。医療事故調査委員会とは、患者さんが原因不明のまま死亡、あるいは重篤な後遺症が残るような医療事故が発生した際に、その原因究明のために設置されるもの。病院内に設置するものから、対応を一手に引き受ける第三者機関まで、その設置方法もさまざまです。

ログインして全文を読む