先日、大きな失敗をした。日ごろ「スタッフの感情に配慮する」ことを心がけてきたにもかかわらず、女性スタッフをきつく注意してしまったのだ。医療機関では、緊急性が高く優先順位を決めて対応すべき場面が多々ある。しかし、当院でもベテランのスタッフであるAが、優先順位を意識せずに動いているように見受けられた。思わず、「こちらを先に進めてください」と伝えたところ、「今やっている作業が先です」と平然と返された。実はAは過去にも同様のことをしていたため、「優先順位を考えてください」と、ついきつめの口調で言ってしまった。
 感情は抑えたつもりだったが、普段に比べると幾分感情的だったように思う。そこで、きつめに注意した意図を知ってもらうため、緊急性の高い場面では何が大事なのかを伝えたが、Aはそれ以降ミーティングでも視線をそらし、不機嫌そうな表情で私を避けるようになった。

注意の仕方が悪かった…未だ埋まらぬ職員との溝の画像

ログインして全文を読む