当院は観光地に近いせいか、時折外国人が来院する。短期滞在の外国人観光客の場合、医療費は全額自己負担となるが、それでも患者は増えている。最近では中国人や韓国人の来院も多くなり、患者とどうやって意思疎通を図るか、頭を悩ませている。

「いつから痛みマスカー?」 外国人患者に院長奮闘の画像

ログインして全文を読む