当院は開業して約20年になるが、この間、「地方ならでは」の変化もあった。次の世代に継承した診療所があるほか、基幹病院が統廃合したり、老人保健施設に転換した病院もある。その影響もあってか、当院の患者さんの中には、かなり重症化してから来院する人が時折いる。緊急性が高く、入院の必要があり、自力で移動できない場合は、遠くの基幹病院に救急車で搬送することもある。

病院の統廃合でも解消しない勤務医の疲弊の画像

ログインして全文を読む