夫が開業した頃、「院長夫人は診療所経営の表に出るな」という傾向が強かった。しかし、診療ばかりで経営に意識を向けない一昔前の経営では良くないという風潮になり、院長夫人が陰・日なたとなって支える大切さを訴える声が目立ってきた。近ごろはその役割を重視するコンサルタントも増えている。

周囲を困惑させる「はりきり過ぎ」院長夫人の画像

ログインして全文を読む