当院は開業して18年目になる。これまでを振り返ると、職員との“闘い”に明け暮れてきた日々だった。最初の3年間は、採用に四苦八苦。5年目には院長、私と特定の職員との間に確執が生じ、メンバーの総入れ替えを覚悟する事態にもなった。10年目以降は軌道に乗ったものの、いかにモチベーションを保って働いてもらうかに常に気を配ってきた。

ようやく分かってきた職員の定着術の画像

ログインして全文を読む