東日本大震災では、診療所の運営管理に携わる者として、いろいろなことを考えさせられた。もう4年近く前の話だが、いまだに当時の記憶は鮮明に残っている。例えば、電気の果たす役割の大きさ。電気が通らないため人工呼吸器などが使えず、命に関わる緊迫した状況になったとの報道には胸が痛んだ。

ログインして全文を読む