本誌の読者の中には、今年、勤務医から開業医への転身を計画されている方もいるのではないだろうか。

ログインして全文を読む