前回は、社会的常識に欠ける求職者のエピソードを紹介した。トラブルメーカーになりそうな人は、採用面接の段階でふるいにかけているが、それでも採用後にいろいろな問題が発覚することがある。

ログインして全文を読む