開業医の元には年が明けると、子どもがいるか否かにかかわらず、医学部受験専門の予備校のパンフレットが届くようになる。田舎の開業医にまで資料を送ってくるのは、それだけ需要があるということなのだろう。

ログインして全文を読む