「開業医は孤独」という言葉をよく聞く。しかし、私はあえて「開業医の妻こそ孤独」と言いたい。 夫が開業し、院長夫人となった結果、同性の職員からのねたみにさらされることになった。また、PTAの仲間など、地域の女性たちから嫉妬交じりの目で見られることもある。私だけでなく、多くの院長夫人が「女の視線」に悩み、苦労している。

ログインして全文を読む