昨年9月末にエジプトの古代ミイラの話題を書いてからかなり間が空いてしまいましたが、先月新しい題材が出てきました。2010年2月16日付けのシカゴ発・ロイター通信の記事で、古代エジプトのツタンカーメン王の死因が骨折と重度のマラリア感染であったと報じられたのです。

ログインして全文を読む