2009年の夏から秋にかけて、エジプトにまつわる2つの大展覧会が同時開催されました。1つは横浜港の開港150周年記念事業としてパシフィコ横浜で開かれた「海のエジプト展」です。1992年、フランス人考古学者のフランク・ゴディオ氏をリーダーにアレクサンドリアの海底で大規模な発掘調査が行われました。クレオパトラが愛したこの古代都市の海底には、約2000年前もの永い間、約5メートルもの巨大なファラオ王・王姫、ハピ神の石像ほか数多くの至宝が眠り続けていたのです。

ログインして全文を読む