2007年7月以後、外国人の渡航移植を禁止する法案が設定された中国で、その後、少なくとも17人の日本人がNPOの仲介で渡航移植を受けたとする記事が全国紙に掲載されました。この記事では、法をかい潜り日本人が移植を受けた事実のみでなく、臓器移植の陰にひそむ「臓器売買」の可能性が問題視されました。

ログインして全文を読む