12月11日付の米国科学雑誌『ニューロン』に日本発の興味深い論文が掲載されました。国際電気通信基礎技術研究所神経情報学研究室の神谷之康室長、宮脇陽一研究員らのチームが、fMRI(functional-MRI)を用いて、後頭部の第1視覚野の脳血流量の変化を応用し、目で見た文字や図形などの情報をコンピューター上で画像に再現する技術を考案したのです。この技術では、約1億通りもの脳内画像が読み取れるそうです。

ログインして全文を読む