今回は「超重症児における安楽死」についての僕自身の論考を端的に述べます。安楽死の定義について様々な論がありますが、一般には「回復の見込みのない病による耐えがたい苦痛に悩まされている患者に対し、生命を絶つことでその苦痛を取り除く行為」を意味します。

ログインして全文を読む