このサイトを見ている方ならば、「超重症児」という言葉を聞いたことがあるでしょう。身体と知能に思い障害を持ち、絶えず医療が必要な児たち。彼ら、彼女らの治療とケアが僕の仕事です。

ログインして全文を読む