小児で最も多い疾患は世界共通で、感染症である。先日、知り合いの先生の紹介でイナダ・ラング・エイズ研究財団(ILFAR)というNGOの無償医療キャンプに10日間ほど参加することになった。キャンプでは小児の患者が多く、小児科医が必要ということだった。

ケニアで診た子どもたちの画像

ログインして全文を読む