感染症科専修の研修医を迎える――。新設の科として始まった感染症科が当初から掲げた目標の一つである。臨床教育を充実させるという方針を前面に出しはしたものの、まさに言うは易し。各病院で小児科後期研修医の獲得でさえ大変なのに、何の実績や歴史もない新設科に小児科専門医レベルの6〜10年目の先生に来てもらうというのは、大きな困難が予想された。

ログインして全文を読む