感染症診療にとって、適切な細菌検査はとても大事である。適切でない検査は、間違った解釈を生み、さらに間違った治療につながる恐れがある。しかし、医師が適切な培養についてのトレーニングを受けられる機会は少ない。そのため感染症科医から見ると、おかしな細菌検査というものが数多くオーダーされる。

そのオーダー、“記念”培養じゃありませんか?の画像

ログインして全文を読む