2006年8月頃、日経メディカル オンライン編集部の担当者から「ブログを書いてみないか」とお誘いを受けた私は、「医療崩壊を阻止し、再生のために地域医療の現場から情報を発信できる良いチャンス」と考えて、そのお話をお受けしました。それから早いもので、もう5年が経過しました。

5年間お世話になりました。「勤務医よ、闘え!」最終回です。の画像

ログインして全文を読む