2006年9月20日に始まったこのブログでは、日本の医療や医師を取り巻く様々な問題について意見を述べさせていただいてきましたが、いよいよ11月一杯で終了となります。恐らく次回の掲載が最終回になると思いますが、今回は、先日文藝春秋社から発行されたばかりの『日本の論点 THE ISSUES FOR JAPAN 大転換の始まり 2012』をご紹介したいと思います。

『日本の論点』で医師不足の背景を解説しましたの画像

ログインして全文を読む