今回の震災後、医療界は救急分野ではDMAT、日本医師会のJMAT、加えて日赤や私の所属する済生会等の病院団体、学会、さらに数多くの個人の医療者が、現地の医療を支える頼もしい動きが見えました。

11月20日東京開催のドクターズ・ウォークにご参加を!の画像

ログインして全文を読む