去る9月11日、第63回医療制度研究会「地域ケアをどう作るのか―デンマーク・ネストヴェズ市の取り組みから」が、済生会宇都宮病院で開催されました。今回の演者は毎日新聞の記者で、現在は白梅学園大学で社会保障の教鞭をとっている山路憲夫氏です。

どうする? 日本の高齢者ケア―デンマークの取り組みに学ぶの画像

ログインして全文を読む